top of page
検索
  • 執筆者の写真鈴木優太朗

「できない」じゃなくて「知らない」だけ

おはこんばんにちは。福岡市城南区の探究学習スクール「CAN!Pラボ」の鈴木です。


今年の4月からCAN!Pラボの子どもたちと過ごしてきましたが、思うことがあります。


それは「できない」って思ってることって、ほとんど自分が「知らない」だけなんじゃないかな。ということです。


今回はそんなテーマでブログを書こうと思います。


それでは、どうぞ!


低学年だから...できない?

今週の火曜日に「CAN!Pラボジュニア」の体験会を行いました。


CAN!Pラボは現在小学4年生~6年生を対象として活動していますが、次年度4月より「ジュニアコース」を立ち上げ、小1~小3の生徒を対象に毎週火曜日に実施をしていく予定です。

(現在生徒募集中です)


さて、そんなジュニアコースの体験会で取り組んだ内容は「イスづくり」です。

木の板とドリルをつかって、こんなイスをつくります。


体験会に来てくれた子たちは1・2年生。

使い慣れない電動ドリルや釘を目の前に


「こわい!かわりにやって!」

「えぇ...できない~~」


といっている場面が印象的でした。


はじめは恐怖の方が大きかった子たちですが、スタートしてみると...



「貸して!やってみる!」と言う子


材料を集めて並べる子


「ボクたちは手動でいくんだ!」とドライバーを回す子


試行錯誤を重ねながらも、完成!うれしい!


「やったー完成だー!」

「ねぇねぇ、色塗ってもいい?」


立派に完成したイスを目の前に、子どもたちのアイデアは溢れます。

工具を使う恐怖や「できない」と思っていた感情はいつのまにかなくなっていました。



大人のサポートや安全管理を土台に、できるだけ子どもたちに主導権を渡していく。


そうすることで「自分ができるかどうかを知らない」から「自分がやったことあること」に転換していく様子を見て取ることができました。



CAN!Pラボで過ごしてみて


「できない」と思っていたことが「自分にできる」と知るまでの過程には次の3ステップがあると思っています。



①やってみようとする

②試行錯誤しながらもクリアする

③「できる」を知り、次の自信につなげる


途中で「やりたいこと」がみつからなくても、とりあえずやってみるんです。

失敗してもまたやりなおしたらいい。


どこからでもやり直し可能なサイクルで、その過程の中で「自分にはできる!」を知っていく。


それらを支える


「失敗大歓迎」

「否定されない」

「やりたいに寄り添う」


といった文化がCAN!Pラボにはあります。


ここで過ごす子どもたちが、社会にでたときに発する言葉が

「どうせやっても無理」

ではなく、


「とりあえずやってみてさ、一緒に実現してみようよ」

になっていくことを願って、今後の活動に励みます!


最後まで読んでいただき、ありがとうございました!


閲覧数:32回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page