top of page
検索
  • 執筆者の写真鈴木優太朗

探究学習でどんな未来がつかめる?

明けましておめでとうございます。福岡市城南区の探究学習スクール「CAN!Pラボ」の鈴木です。


新年の目標は立てましたか?

去年のふりかえりをもとに、私は今年120冊本を読むことに決めました!


さて、CAN!Pラボでもプロジェクトごとに「ふりかえり」を行っています。

今回はその「ふりかえり」についてお話させてください!


それでは、どうぞ!



CAN!Pラボが大切にする「ふりかえり」


ふりかえりを大切にしている理由、それは成果物よりも過程を大事にしたいからです。



ロボットをつくった!ゲームをつくった!といった

「どんなものをつくれたか」


よりも


「その過程でなにを感じたのか」


ということを考える経験自体に価値があると考えているからです。


ふりかえりについてはこちらのブログからどうぞ!



「ふりかえり」で確率を上げる


探究学習において「ふりかえり」はとても大切です。

なぜなら、その型を身に着ければ、運を手にすることだってできるからです!


「運?めちゃくちゃあやしいぞ?」と思われるかもしれません。

ここでいう「運」は

「自分が成功をつかむ確率」だと思ってください。



ちょっとお話を変えて「くじびき」を例にとってみます。

ここに、「100このうち1こアタリが入っているくじびき」があります。

※アタリは成功。ハズレは失敗だとします。

※引いたらもとに戻すものとします。



やるからには当てたい!

何度もやってもなかなか当たらない。でも、いつかは当たるかもしれません。




ここからアタリの確率を上げようとするなら

①ハズレの数を減らす

②アタリの数を増やす


ことが考えられそうです。




くじ引きを引く回数が「自分が試した数」です。


ふりかえりをとおして、試す回数が重なるごとに、ハズレ(失敗)に対する捉え方が変わるかもしれません。同じことはしない!と選択肢を減らすことだってできます。


※失敗については、こんなブログを書いています。





この「ふりかえり」の段階で、「なんで?」「どうして?」「そもそも?」といった問いに出会います。


CAN!Pラボでもプロジェクトを終えた際に、子どもたちと一緒に問います。


「やっぱりなんかちがうと思うんだよね」とか

「前つくったイスのバージョンアップをしてみたい」といった言葉がでて、次のステップに進んでいきます。




ふりかえりを重ねるうちに


くじびきを例にとりましたが、現実の世界に「アタリ」や「ハズレ」なんてものはないと思っています。事実を受け止めて、自身がどんな解釈をするのか。また次回にどう活かすのか。それ次第で選んだものを自分の正解にできると思っています。


その選択に自分が経験してきたこと・考えたことがあるかどうかが大切です。いい選択だったのかどうかも「ふりかえり」による基準があると、いい選択をしやすくなるのかもしれません。


「ふりかえり」を重ねることで、本当の意味での自己選択・決定に一歩ずつ近づくのではないでしょうか。



私たちも試して・ふりかえって・改善し続けます。



さぁ、来週は次のプロジェクトスタートです!

どんなプロジェクトになるでしょうか?


最後にイベント告知をさせてください。



【イベント告知】


外部向けCAN!Pラボ体験スクールを実施します。

ご興味のある方はぜひご応募ください!


【現3~6年生対象体験スクール】

日 時

第1回 2月3日(土)9:00~12:00

第2回 3月2日(土)9:00~12:00


↓ご応募はこちら



【新1~3年生対象体験スクール】

※年長のお子さまも参加可能です。

日 時

第1回 1月23日(火)16:00~17:30

第2回 2月13日(火)16:00~17:30

第3回 3月12日(火)16:00~17:30


↓ご応募はこちら



閲覧数:95回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page